2021年06月02日 10時00分 公開
PR

経営層を「ITインフラの運用改善」にうまく巻き込む手段とは?コロナ禍でシステム管理の負担は増大

コロナ禍での出社制限をはじめとする働き方の変化は、企業にITインフラ運用の根本的な見直しを迫っている。見直しの際に重要なのが、ITインフラ運用の効率化とコスト最適化の両立だ。実現のヒントを説明する。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、企業のITインフラは早急に運用の改善を進める必要が生じた。サーバやストレージといったシステムの構成要素ごとにIT担当者が手作業で管理する従来の体制は、慢性的な人手不足やCOVID-19防止を目的とした出社制限などもあり、すでに限界を迎えている。

 クラウドサービスの導入はITインフラの導入や管理の負荷を軽減する方法の一つだ。しかし業務の内容やシステムの構造によっては簡単にクラウドに移行することが難しく、中小企業の場合は学習コストが経営に影響を及ぼす可能性がある。そのためオンプレミスインフラも主力のITインフラとして活用し続ける必要がある。

 従来の運用の仕組みを効率化し、さらにコスト効率を高めるためにはどうしたらいいか。IT部門のインフラ管理に掛かる負担を軽減し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を進めるための業務に集中できるようにするには何が必要か。


提供:JBCC株式会社、日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.