2021年06月02日 10時00分 公開
PR

「ゼロトラスト」で社内外のデバイスを守るエンドポイントセキュリティ選定術クラウドとテレワークの時代に何が必要?

クラウドサービスの普及とテレワークの浸透により、従来型のセキュリティでデバイスを保護することが難しくなってきた。現代に必要なエンドポイントセキュリティ製品とはどのようなものか、「EPP」「EDR」「MDR」に着目して考える。

[ITmedia]

 働き方改革や感染症対策によって、テレワークの導入が一気に加速した。家庭内ネットワークなどの社外ネットワークから、インターネット経由でクラウドの業務システムを利用するテレワーカーには、ファイアウォールなど社内のセキュリティツールによる保護を適用できない問題がある。これに対し、守るべき情報資産へのアクセスを全て信用せず、必要時に認証を要求することで脅威を防ぐ「ゼロトラストセキュリティ」が注目を集めている。

 ゼロトラストセキュリティでは、デバイス内の情報資産を守るためのセキュリティ制御が重要になる。そうした要件をはじめ、ゼロトラストセキュリティを実現するセキュリティツールに求められる機能とは何か。次のページで、エンドポイントセキュリティ製品の選択のポイントを解説する。


提供:サイバーリーズン・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.