2021年06月03日 10時00分 公開
PR

テレワークで「社外に広がるIT資産」を効率よく一元管理するには?「IT管理者はテレワークできない」を脱却

生産性の向上を目指して恒久的にテレワークを採用する企業が増えてきた。こうした企業にとって社外の端末をどのように管理するかは喫緊の課題となっている。クラウドベースのサービスがその解決の糸口になる。

[ITmedia]

 長引くコロナ禍を受け、本格的テレワークを意識する企業は増えている。オフィスと比べてある程度の不便を我慢し、最低限の業務をこなす"一時対処的"なやり方ではなく、テレワークでも過去のオフィス勤務と同等の生産性を実現し、自宅やオフィスを含め、必要に応じてどこからでも働く「ハイブリッドワーク」も注目されるようになった。

 ただし、そこで持ち上がるのが「ITインフラの運用管理やセキュリティ対策をどう実行するか」という問題だ。社用PCやアプリケーションなど、業務に不可欠なITリソースを管理する担当者が出社せざるを得なくなっては、テレワークに踏み切る意味がない。上長やIT部門の目が届かない環境でも従業員が確実にセキュリティポリシーを守れるような環境を作るには、現場が負担にならないようなセキュリティの仕組みも必要だ。「PCを落としてしまった」「何だか挙動がおかしい」といった突発的な事態が発生した際も、遠隔で状況を確認できるような体制が望ましい。

 IT部門に負担をかけず、自宅や外部、オフィスで作業する従業員が安全かつ効率的に作業できる仕組みをどう実現するのか。そこで鍵になるのがクラウドだ。どこからでもアクセスできる特性を生かし、ハイブリッドワークも見据えた安全なテレワーク環境を整える方法とは。


提供:株式会社ハンモック
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.