2021年06月15日 10時00分 公開
PR

ネットワークで脅威を止め、拡散を防ぐ――テレワークセキュリティの決定版とはテレワークの死角を守る

テレワークが普及したことで、企業のセキュリティに死角が生まれた。社外でPCがウイルスに感染し、そのPCを起点に感染が拡散することもある。スイッチ機器の選定次第で脅威を退け、内部拡散を防げるという。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による緊急事態宣言が常態化し、先が見えない状況が続いている。急ごしらえで作ったテレワークの仕組みに対し、セキュリティ上の不安を感じていても、メスを入れるタイミングが分からない企業もあるだろう。

 VPN(Virtual Private Network)を用意すればセキュアなテレワークが実現するとも言える。しかし、全従業員を完全にテレワークに移行させられないケースでは、「オフィスで働く仕組み」と「テレワーク」の双方の安全性を両立させなければならない。この視点でのセキュリティ対策が不足してはいないだろうか。

 2020年5月、ある大手製造業において、テレワークからオフィスワークに戻った従業員のPCを起点にマルウェア感染が拡大し、不正アクセスを受ける事件が発生した。テレワークを併用する組織の場合、オフィス外のPCが脅威の入り口になるリスクを考えて、社内のシステムをこれまで以上に強固に守る対策が必要だ。

 セキュリティの死角に対し、全てのネットワークを可視化して脅威を退け、ウイルスの内部拡散を簡単に防止する策がある。展示会イベント「Interop Tokyo 2021」における最新ネットワーク技術のショーケース「ShowNet」で使われた、少し変わった“スイッチ機器”を活用する方法だ。システム管理者の負荷を大幅に下げるというが、一体どのようなものなのか。


提供:株式会社パイオリンク
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.