2021年06月24日 10時00分 公開
PR

思ったより手間がかかる、マルチクラウド環境の運用管理を楽にする方法とは?情シスの負荷を解消しながらコストも削減

DX推進を阻む人材リソース不足を解消すべく、クラウド移行を考える企業が増えている。だが、移行後の運用管理や監視、セキュリティなどに課題を抱えるケースは少なくない。そこでカギとなる、“外部の力”の賢い活用方法を紹介する。

[ITmedia]

 いま企業では、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進できる人材を確保できないことが問題になっている。「DXのために内製化を」といった動きもあるが、人材リソースに余裕がなく、それもままならないのが現状だ。

 この状況を打開するために、基幹系システムや情報系システム、開発環境などをクラウドに迅速に移行し、運用監視の手間を減らして人材リソースをDXに配分する方法がある。

 国内でも、クラウド導入を積極的に進めようとしている企業は数多くある。新たなビジネスのためのWebアプリをクラウドで開発したり、既存システムの一部を切り出し、小さくクラウドの活用を始めたりする例もあり、そうした企業ではクラウドの拡張性や柔軟性などのメリットを享受できているだろう。

 一方、基幹系システムなどの移行はあまり進んでいないようだ。その理由としては、基幹系システムをクラウド上で安心、安全に運用するノウハウや技術者の不足が挙げられる。また、セキュリティ面の漠然とした不安もある。そのため、システム更新時期を迎えても、重要なデータを扱うシステムやレガシーな基幹系システムのクラウド移行を進められないのだ。既存システムの「お守り」に手間がかかり過ぎて、移行に着手することすらままならないところもあるだろう。

 DX、内製化が進まない中でシステムをクラウドに移行するには、マネージドサービスなど“外部の力”をどのように活用するかが鍵となる。次ページでは、そのヒントを紹介する。


提供:株式会社BeeX
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.