2021年06月29日 10時00分 公開
PR

クラウドだけでは不十分 爆速「世界同時サービスイン」を実現するIT基盤の条件事業開発スピードが遅くなる理由とその解決策

企業IT基盤の構成ではマルチクラウドやハイブリッドクラウドが当たり前になりつつある。だがオンラインだけでなくオフラインを含む包括的なサービス提供を考えた場合は、より洗練されたITアーキテクチャの選択と運営が求められる。

[ITmedia]

 国や地域のデータ保護が厳しくなり、システムの一元化が困難になる一方で、ITを生かしたサービス提供はますますスピードが重視されつつある。短期間でのサービス立ち上げとなれば、グローバルでサービスを展開するハイパースケーラーのクラウドが第一の選択肢となる場面が多い。

 しかし、国や地域ごとに異なるコンプライアンス基準を順守しつつ、全体のガバナンスを聞かせながらきめ細かな顧客体験を設計し続けるには、もう一段「攻めた」構成を考える必要がある。ここでカギを握るのがIT基盤の「持ち方」だ。単なるクラウドやサブスクリプション型調達とは別の、ビジネス開発のスピードを重視したIT基盤の条件を探る。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.