2021年06月28日 10時00分 公開
PR

増大する「非構造化データ」を安全に管理する、次世代ファイルサーバの選定法次世代ファイルサーバのあるべき姿とは

ビジネスに利用するデータの多様化と大容量化が進んでいる。動画や音声、写真といった「非構造化データ」をファイルサーバで安全かつ効率的に管理して業務に生かす体制を作りたい企業に必要なものとは。

[ITmedia]

 従来、ビジネスで利用されるデータは「Microsoft Excel」や「Microsoft Word」など、比較的小容量で構造化されたものが中心だった。企業はそれらを管理するために「Windows Server」やLinuxサーバなどを使ってファイルサーバを構築し、IT部門がメンテナンスを担当する方法が一般的だった。

 しかし近年、ビジネスで扱うデータに動画や写真、音声といった「非構造化データ」が増えている。非構造化データはファイル1つ当たりの容量も大きく、種類も多い。非構造化データは今後も増加すると思われ、企業はこれらを適切なファイルサーバで管理する必要がある。

 IT部門は今後、多種多様な大容量データを適切なコストで安全かつ効率的に管理し、ビジネスに生かせるようなファイルサーバの検討と準備をしなければならない。これらファイルサーバにまつわる多くの課題を解決する「次世代のファイルサーバ」とはどのようなものか。


提供:ノックス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.