2021年07月01日 10時00分 公開
PR

テレワーク“前提”時代に必要な、運用自動化まで見据えたセキュリティとは「従来の手法ではテレワークに対応できない」

テレワークがもはや「当たり前」になりつつある一方、インフラ面の課題が顕在化している。従来型のネットワークやセキュリティが抱える課題と解決策について解説する。

[TechTarget]

 テレワークは、働き方の一つとして既に定着したと言える。VMwareが2020年に実施したテレワークに関する調査によると「テレワークはもはや特別ではなく前提条件である」と61%が回答している。

 しかし、働き方が変化する中でインフラ面の課題が顕在化している。一時的あるいは一部の人だけが利用する想定で構築したテレワークの仕組みでは「ほとんどの従業員が常時利用する」という使い方には対応できないのだ。

 特にVPN(Virtual Private Network)やVDI(Virtual Desktop Infrastructure)などのセキュアな仕組みを通して業務システムにアクセスする場合、利用者が増加するとネットワーク回線が逼迫(ひっぱく)したりセキュリティ機器の負荷が高まったりして、サービスにつなぎにくくなるといった問題が発生する。

 今後もテレワークを「当たり前のもの」として利用し続けるためには、インフラ面の見直しが重要だ。

 本稿は、2021年6月7日から14日に開催された「ITmedia Security Week 2021 夏」のセッションを基に、従来型対策の限界と新たなセキュリティ課題の解決策について解説する。


提供:SB C&S株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.