2021年07月01日 10時00分 公開
PR

仮想化やクラウドで攻撃対象領域が拡大、いま必要なセキュリティの理想像とは?全領域のセキュリティを確保する3つの要点

ITシステムの多様化が進む一方で、セキュリティの観点では攻撃対象領域が拡大しているという課題がある。こうした状況で個別の対策をしても、余分なコストがかかったり、抜け漏れがあったりといった問題が起こりやすい。解決策はあるのか。

[TechTarget]

 仮想化、クラウド、コンテナ、マイクロサービスといったようにITシステムを構成する要素は多様化している。DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進やテレワークの普及といった観点で見れば、ITシステムの多様性はメリットになる。

 だが、セキュリティの観点では「攻撃される可能性のある領域が増えている」とも言える。

 こうした状況で個々の要素に対してセキュリティ対策をしても「余分なコストがかかる」「抜け漏れがある」といった問題が起こりやすい。ではどうすれば一貫したセキュリティを確保できるのだろうか。

 本稿では、2021年6月7日から14日に開催された「ITmedia Security Week 2021 夏」のセッションを基にこれらの解決策を探る。


提供:SB C&S株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.