2021年07月09日 10時00分 公開
PR

Windows更新やデータ漏えい対策を根本的に変えた「テレワークPC」とはテレワーク中のセキュリティ対策とPC故障対策は

テレワークに適したPCを調達するときに、PCのコストやセキュリティ対策、管理方法が課題になることがある。PCの選定と調達方法を見直し、セキュアで快適なPC利用と管理者の業務負荷軽減を両立させるには。

[ITmedia]

 テレワーク体制を整える企業の障壁となるのがクライアントPCの整備だ。従来ほとんどの従業員が出社し、自席に設置したデスクトップPCを業務に利用していた職場では、自宅に持ち帰って利用できるモバイルPCの調達や設定作業に追われる場合がある。中にはデスクトップPCを新規購入したばかりでモバイルPC導入のための予算が付かず、やむなく従業員に出社を強いているケースもある。

 PCを調達できたとしても、テレワーク中の従業員からの利用方法や設定の仕方に関する問い合わせにヘルプデスクが忙殺されたり、セキュリティが手薄なままPCを導入したことでその対策に追われたりすることには注意が必要だ。「Web会議ツールが固まる」などPCの処理性能不足に起因した従業員の不満が出ることもある。

 テレワークを中心とした新たなワークスタイルが根付くのに合わせて、企業のクライアントPCの調達や管理の在り方もテレワークに適したスタイルにシフトする必要がある。PCの選定や調達、管理はどのように実施すればよいのだろうか。


提供:横河レンタ・リース株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.