2021年07月30日 10時00分 公開
PR

エッジからマルチクラウドまで分散アプリケーションの丸ごとセキュアな運用方法一元的なセキュリティ設定や管理を実現

「クラウドファースト」や「分散アプリケーション」が当たり前となり、複数のクラウドやオンプレミス環境を使い分け、便利で価値の高いアプリケーションを実現できるようになった。ただし、セキュリティ対策の一元化や煩雑な管理が課題だ。

[ITmedia]

 企業のアプリケーション利用の姿が大きく変わろうとしている。従来はオンプレミスやデータセンターを用いた中央集約型の構成で動作するアプリケーションを利用するパターンが主流だった。しかし、IoTデバイスや5Gの普及に伴って、データ駆動型のビジネスが拡大したこと、「Docker」「Containerd」のようなコンテナ技術、「Kubernetes」のようなコンテナオーケストレーションツールが登場したことにより、アプリケーションの分散化が進んでいる。

 ユーザーデバイスと、アプリケーションとの間をつなぐ「エッジ」にアプリケーションが散らばる時代が到来する。これを複数のクラウドや既存環境と組み合わせて活用することで、より柔軟に拡張性のあるサービスを実現できる可能性が見えてきた。

 このようにして自由度が上がるものの、その反面、分散したアプリケーションをどのように運用していくのかが、新たな課題として浮かび上がってきた。例えばどのサービスのどのAPIが通信しているのかを把握しにくい。クラウドごとに異なるWebアプリケーションファイアウォール(WAF)やアプリケーションゲートウェイを使っているため、ログのひも付けができず、アプリケーション同士の連携やつながりを把握することが難しくなる。

 こうしたエッジからクラウド、あるいはクラウド同士などに分散するアプリケーションの通信を可視化し、ひも付けること、そして一貫したセキュリティを実現するためには、どうしたらよいのだろうか。


提供:F5ネットワークスジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.