2021年07月29日 10時00分 公開
PR

引退後に海上生活はいかが? 5Gでつなぐ「未来の海上インフラ」「海上に生活圏を拡張」は夢じゃない

5Gを使ってライフスタイルをどう進化させられるのか。レッドハットが開催した「アイデアソン 2021 Spring Online」で、「生活圏を陸上から海上に拡大する」という驚きのアイデアが発表された。

[TechTargetジャパン]

 「高速で大容量の通信、低遅延」が特徴の5G。スマートフォンで利用できるエリアは拡大しているが、自動運転やスマートファクトリーといった限られた範囲でしか活用されていない印象がある。

 そこで、5Gを活用した新しい時代の働き方やライフスタイルのアイデアを考えようと企画されたのが、レッドハットが2021年5月22日に開催した「Red Hat アイデアソン 2021 Spring Online 5G/Edge編」だ。

 アイデアソンでは「ニューノーマル時代の、『働き方』『ライフスタイル』『遊び方』をアップデイトしよう」というテーマの下、さまざまな「新しい価値」を生み出す取り組みが紹介された。本稿は最優秀賞を受賞した「Ocean life powered by 5G」を取り上げる。Ocean life powered by 5Gは「生活圏を陸上から海上に拡大する」というスケールの大きなアイデアだ。

 海上では4G/LTEの電波を利用できないことが多いため、衛星通信サービスを使ったネットワークがよく使われるという。だが衛星通信サービスはデータ通信速度が遅く、大容量の動画を見たりテレビ会議をしたりといった「陸上と同じ使い方」には向いていない。

 Ocean life powered by 5Gは海上に5Gの基地局を設置し、陸上と同じレベルの通信インフラを確保することでこうした課題を解決するアイデアだ。津波の予測や海上事故の救援にも活用できるという。

 このアイデアを考えた「Team タケコプター」のメンバーにアイデア創出に至った経緯と、限られた時間内でアイデアを創出するポイントを聞いた。


提供:レッドハット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.