2021年07月30日 10時00分 公開
PR

柔軟性が高くテレワーク環境に適したファイルサーバ、どのように見直す?多数の要件を満たす解は

テレワークの広がりなどITの利用環境が変化した結果、部門内のファイルサーバに求められる要件が増えている。容量はもちろん、コスト効率やサイバー攻撃対応、クラウド連携などさまざまだ。低コストで実現するには?

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症の拡大で企業におけるテレワークが常態化している。同僚とオンライン会議を開き、資料をファイルで共有する。気が付けばファイルサーバが動画や資料であふれているのではないだろうか。

 コロナ禍でファイルサーバはより大容量のものが必要とされている。使用頻度が高まれば性能やコスト効率、運用面の利便性も求められる。

 サイバー攻撃、特にランサムウェアへの警戒も必要だ。マルウェアに感染しないこと、攻撃を早期に検知すること、もしデータが破壊された場合でもできるだけ最新の状態に素早く復旧できることが事業継続には欠かせない。

 このようなファイルサーバについての新しい要件は、企業規模にかかわらず達成が求められる。特に予算が限られることの多い中堅企業では、その達成に苦労しているところも多い。新しい時代に対応したファイルサーバを低コストに実現する方法とは?


提供:ネットアップ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.