2021年08月02日 10時00分 公開
PR

「AWS導入で人材不足解消」がまず無理な“クラウド人材難企業”がとるべき施策スモールスタートさえ難しい企業を救うのは

ハードウェアを自社で保有せずとも最新技術を手軽に利用できるクラウドは、本来はIT人材不足に悩む企業の解決策となる。しかし日々進化するAWS、Azure、GCPなどクラウドの知見を持つ人材がおらず、導入を断念する企業も多い。

[ITmedia]

 業務の生産性を上げて人手不足を補うためにも売り上げを伸ばすためにも、ITの活用は不可欠だ。しかし優秀なIT人材を確保することは難しい。IT人材を確保した企業でも、既存システムの維持管理に労力の大半を奪われてしまい、新たなIT施策になかなか踏み出せないというケースもある。

 こうした課題を解決できる技術の一つがクラウドだ。IaaS(Infrastructure as a Service)を利用すれば自社でハードウェアを運用管理する必要がなくなると同時に、最新技術を手軽に利用できるようになる。本来であれば、IT人材不足に悩む企業の解決策となるはずだ。

 しかしクラウドの知見を持つ人材がいない企業は、やむなく旧来型のインフラを高いコストをかけて使い続けているのが実態だ。そこで注目したいのが、クラウドの知見を豊富に持つ企業にインフラのモダナイゼーションと運用管理を任せる、クラウドのマネージドサービスの活用だ。


提供:アイテック阪急阪神株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.