2021年08月18日 10時00分 公開
PR

中小企業が「限られた予算でサイバー攻撃からシステムを守る」とっておきの方法漠然とした「セキュリティの不安」を解消

基幹システムをサイバー攻撃から守るためには「セキュリティ」と「可用性の確保」が重要だ。だが、予算も人材も限られている中小企業がそれを実現するのは難しい。どうすればいいのか。

[TechTargetジャパン]

 基幹システムなど企業のビジネスを支えるシステムを「サイバー攻撃からどのように守るか」は企業にとって重要な課題だ。最近ではテレワークの普及によって企業の「内」と「外」を分けていたネットワークの境界線が曖昧になり、その隙間を突く攻撃も出てきている。

 こうした攻撃からシステムを守るためには、適切なセキュリティ対策と攻撃を受けてもシステムを止めない仕組み(可用性の確保)が重要だ。

 新たにセキュリティ製品を導入する、冗長化のためにサーバを追加するといった必要が生じる場合もあるだろう。だが、予算も人も足りない中小企業ではそうした対策は難しい。

 限られた予算の中で中小企業がシステムの可用性を高めるには、何が必要なのだろうか。


提供:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.