2021年08月20日 10時00分 公開
PR

有識者が語る、クラウドネイティブ/コンテナ技術を確実にビジネスに生かす勘所運用体制やマインドセットの変革も必要

企業はDXの推進、競争優位性獲得のためにクラウドネイティブやコンテナ技術の導入を進めている。だが、まだまだ十分に活用できていないのが現状だ。クラウドネイティブやコンテナ技術の恩恵を得るには、何がポイントになるのだろうか。

[ITmedia]

 今、企業ではデジタル技術でビジネスを効果的に変容させ、競争優位性をいち早く獲得するための取り組みが急務となっている。ビジネスの中心となるアプリケーションを例に取れば、素早く形にしてユーザーに届け、より良いものへと改善を繰り返すことができる環境が必要になる。

 企業ではクラウドネイティブの実現に向けた取り組みが進められつつあり、CI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)の実践をはじめとする開発運用の効率化に注目が集まっている。

 では、運用の安定性や信頼性を高めつつ、アプリケーションのリリースサイクルを速めるためのポイントはどこにあるのか。クラウドネイティブという技術面の取り組みだけではなく、運用体制やマインドセットをどのように変革していけばよいのか。長年、先端技術に追随し、「Kubernetes」やCI/CDに詳しい2人の有識者に話を聞いた。


提供:株式会社日立製作所、レッドハット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.