2021年09月13日 10時00分 公開
PR

専門家が語る、“クラウド化進めども、現場は楽にならず”の組織はなぜ増える?クラウドを使う企業にとって不可避の課題

DXに向けてシステムのクラウド化に踏み切る企業は多い。新規事業に合わせたシステム増強やITコストの効率化などのメリットの半面、運用が複雑化するリスクは見落とされがちだ。クラウドを使ったシステムを効率的に運用するには。

[ITmedia]

 企業においてデジタルトランスフォーメーション(DX)の中核を担うIT部門にとって、今は正念場の時期だ。経営トップからはビジネス創出のための新規開発を求められ、事業部門からは既存システムの安定稼働を要求される。システムの運用管理といったIT部門の既存業務をいかに効率化するかが組織のビジネスを停滞させないための鍵になる。

 解決策の一つが、オンプレミスシステムのクラウド移行だ。ハードウェアやデータセンターの運用から解放されるだけでも大幅な負荷軽減が見込めるためだ。ただし、それだけでIT部門の負荷が軽減するとは言えない。

 一部のクラウド事業者は運用、監視などのためのツールを提供している。だがそれらはあくまでもサービスの付帯ツールであって、IT部門の業務フローを劇的に変えるものではない。そのようなツールを無理に導入した結果、機能や性能を自社システムに最適化できず、むしろ運用負荷が増大してしまう可能性もある。

 運用負荷が増大している要因にはさまざまなものがあるが、特に近頃増えているのはマルチクラウドやハイブリッド環境が混在することでシステム全体が複雑になり、かえって運用負担が増加するケースだ。

 また、DXの中核を担うIT部門はシステム全体を監視する責務を担うことも多い。IT人材不足が深刻化している現在、システムの監視や運用に多くのリソースを割ける企業は少ない。特に運用管理部門のリソース不足はますます深刻になっている。

 限られた人的リソースと予算でクラウドシフトによってシステム運用を効率化し、自社に最適な運用管理を実現するために有効な方法とは何か。難題への取り組み方を専門家が解説する。


提供:株式会社 日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.