2021年09月10日 10時00分 公開
PR

病院システムの課題を解決、ヘルスケア分野の5つの事例に学ぶITインフラ刷新術デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook

さまざまな業界でITインフラの刷新が進んでいる今。ヘルスケアの分野でも、データやデバイスの管理、乱立するシステムの運用管理やコストなどの面で課題を抱えて組織が増えている。その解決策を5つの事例から探る。

[ITmedia]

 さまざまな業界でITが用いられる昨今。ヘルスケアの分野でもIT活用は進み、増大するデータやデバイスの管理、乱立するシステムの運用管理やコストなどの面で課題を抱えているが、それらを解決するためにITインフラの刷新に取り組んでいる。

 心臓病と脳卒中を対象とした最先端医療・研究施設の国立循環器病研究センターもそのような取り組みを行う機関の1つだ。同センターでは従来、PCとサーバで構成される基盤上で病院情報システムや事務システムを運用していたが、システム調達が部門ごとに行われていたため、運用管理の効率性に課題を抱えていた。そこで、仮想デスクトップインフラ(VDI)の構築を決定し、あるベンダーのシンクライアントを採用。端末の保守管理に関わる手間を削減した。

 さらに、増大する研究・解析用データの管理に同ベンダーのストレージを導入して、データ集約や一元管理、アクセスコントロールの効率化なども達成した。本資料では、このようなヘルスケア分野でのIT活用・刷新の事例を5つ紹介する。システムコストの削減や病院内部門システムの統合を推進したクラウド移行、仮想化基盤によるシステム集約などの取り組みをぜひ参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.