2021年09月27日 10時00分 公開
PR

面倒で手間のかかる「Windows Update」対応から解放するための秘策運用担当者の負荷を大幅に軽減

個別の端末で実行するWindows Updateは思わぬトラブルが起こりがちでIT運用担当者にとっては頭痛の種。拠点が複数にまたがると、問題はさらに厄介になる。どう切り抜ければいいのか。

[ITmedia]

 「Windows Update」の適用は、個別の端末を安全で安定的に稼働させるために欠かせない。ただし端末の台数が増えれば増えるほど手作業での管理工数は負荷が重くなり、IT運用担当者にとっては頭痛の種になりがちだ。

 ITシステムの構築運用を通じて顧客のビジネスを支える富士通エフサスは、一部の個別業務システムにおいて、複数拠点にまたがるWindows Updateの作業に課題を抱えていた。同社はどのようにしてこの課題を解決したのか、その取り組みとは。担当者に詳細を聞いた。

※本稿は、@ITからの転載記事です。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.