2021年09月27日 10時00分 公開
PR

情シスの在り方を変える「モダンIT」化のメリットとは?企業ITの伝統的手法から脱却せよ

リモートワークが普及する中、従業員一人一人に最適な働き方を実現することは、企業や組織にとってますます重要な課題となっている。一変したビジネスの現場で、情シスに求められる役割とは何か。エキスパートが解説する。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの影響でビジネスパーソンの働き方は岐路を迎えている。特に感染防止という観点から、在宅勤務を実施する企業が増えたことはインパクトが大きい。中小企業やスタートアップの中には、オフィス自体を廃止して原則リモートワークに移行した企業も出てきている。

 そんな働き方が実現できるのは、テクノロジーが進化した現代ならではといえる。しかし、“従業員が場所にとらわれない”ということは、情報システム担当者からすれば頭の痛いところでもある。それぞれの環境に適したビジネスPCの支給や設定、セキュリティの確保まで、新たに考えなくてはいけない問題は山積みだ。

 こうした企業の課題に数多く携わってきたエキスパートに、“ニューノーマル時代のIT構築”について話を聞いた。

※本稿は、ITmedia NEWSからの転載記事です。


提供:レノボ・ジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.