2021年09月27日 10時00分 公開
PR

事業拡大にも対応する「シンプルで効果的」なモバイルセキュリティのあり方中小企業が採用すべき「現実的な対策」とは

これからの働き方として定着しつつあるテレワークにはモバイルデバイスの活用が欠かせない。中小企業の課題「コストや運用リソース不足」を解消する効率的なモバイルセキュリティ対策はあるのだろうか。

[ITmedia]

 ワークシフトが求められる現在、企業は従業員がテレワークなど社外で業務に従事していてもストレスなく生産性を上げられる仕組みを作らなければならない。それと一体で考えなければならないのが、エンドポイントセキュリティだ。

 従業員が分散して働くようになれば、利用する端末を把握した上で、遠隔で効率よく管理しなければならない。また、今や業務で利用する端末はPCだけとは限らない。部署や部門によっては社用のスマートフォンやタブレット端末などを支給しているところもある。それら全てを効率よくかつ適切に管理することが求められる。

 しかし、セキュリティを理由に出社を強制したり、複雑なセキュリティポリシーを強要したり、アプリケーションや業務ツールの機能に制限をかけたりすれば、従業員にとってストレスになりかねず、優秀な人材の確保が難しくなる恐れもある。

 中小企業にとっては、コストの問題もある。使える予算には限りがあるため「コストが高くなりすぎない」点も重要だ。必要なセキュリティ対策を限られた予算と人材でどう実現すべきか。


提供:シネックスジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.