2021年09月29日 10時00分 公開
PR

分散された「働く環境」を脅威から守る、クラウド前提時代のセキュリティ新常識必要なセキュリティ機能を自由に組み合わせ

テレワークの普及でオフィス内外に従業員が分散する今、デバイス保護やクラウドサービスへのアクセス制御、アクセス集中時のVPN利用など、セキュリティやネットワークの課題が噴出している。これらを一掃する、注目のアプローチとは?

[ITmedia]

 テレワークが当たり前となり、自宅など社外から業務用のクラウドサービスを利用したり社内のシステムにアクセスしたりすることは珍しくなくなった。その結果、従来の境界型セキュリティやネットワーク構成では対応し切れず、さまざまな課題が発生している。

 「『外部』にいる従業員のデバイスをどうやって守るのか」「必要ないWebサイトやリスクのあるクラウドサービスへのアクセスをどうやって制御すればいいのか」といったセキュリティの課題はもちろん、データセンターに設置したVPN(Virtual Private Network)などのセキュリティ機器を経由してインターネットやクラウドサービスに接続する仕組みの場合、「アクセスが集中したらVPNを利用できない」といったネットワークに関する課題もある。

 これまでの仕組みは時代にそぐわなくなったとも言える。では、これからの時代に沿ったセキュリティはどのように実現すればいいのか。有識者に話を聞いた。


提供:SB C&S株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.