2021年09月30日 13時00分 公開
PR

テレワークとクラウドで生まれたビジネス変革を支えるゼロトラストセキュリティ働き方の多様化で浮上するリスク

セキュリティやネットワークにまつわるさまざまな問題が、安全かつ快適なテレワークの実現を阻んでいる。「ニューノーマル」時代に応じたシステムの運用構築を支える「ゼロトラストセキュリティ」の仕組みと実現方法を解説する。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止を目的に、さまざまな企業がテレワークを導入した。慌ててVPN(仮想プライベートネットワーク)接続の手順を確認したり、Web会議の進め方に苦労したりしながら新しい働き方に慣れた人もいるだろう。

 ところが一度はテレワークに切り替えたものの、「対面でコミュニケーションしないと話が伝わらない」「従業員がきちんと仕事をしているかどうかが見えにくい」といった理由から、再びオフィスに出社する形に戻した企業もある。今後の事業成長も視野に入れるのであれば、こうした動きは必ずしも正解とは言えない。

 そもそもなぜ企業は新しい働き方を推進する必要があるのか。テレワークを継続するための具体的な施策と併せて見ていこう。


提供:富士通株式会社、パロアルトネットワークス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.