2021年10月19日 10時00分 公開
PR

Google WorkspaceとMicrosoft 365での業務フローを効率化するコツとは誰でも明日から使えるワークフロー

テレワークにおいて、顔が見えないメンバーとの仕事を円滑に進めるには業務フローのデジタル化が有効だ。だが、これまでのワークフローシステムは新しい働き方に対応しきれない。弱点を克服する対策とは。

[ITmedia]

 コロナ禍を機にテレワークへの急激なシフトが進み、そのメリット、デメリットを多くの企業が実感しているのではないか。

 デメリットとしてよく挙げられるのは、チームワークを築くのが難しいということだ。企画書を同僚に回覧したり上司に提出したりする際に、電子メールやビジネスチャットツールでのやりとりだけでは情報が錯綜(さくそう)しやすい。業務によっては紙での申請や印鑑での承認が必要になるなど、対面を前提としたルールが見直されていないために出社を迫られる場合もあるだろう。

 この状況を打開する策としてワークフローシステムがあるが、社外から接続できない会計システムなどのオンプレミスシステムを含む業務フローや社内に根強く残る紙運用をデジタル化するには、機能や利便性が十分ではないと感じることもあるだろう。こうした弱点を克服し、IT部門やユーザー部門の時間と利便性を犠牲にすることなく業務フローのデジタル化を進める方法を専門家に聞いた。


提供:サイオステクノロジー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.