2021年11月02日 10時00分 公開
PR

突貫工事で構築したテレワーク環境をどう安全に、効率的に管理するかコストを抑え、現場の負荷を下げるIT資産管理とは

テレワークは今後も事業継続や柔軟な働き方を実現する重要な手段になる。しかしコロナ禍中において突貫工事で構築した環境の課題をそのままにしていないだろうか。現場を疲弊させずに安全なテレワークを実現する方法とは。

[ITmedia]

 多様な働き方の一つとして、テレワークは今後も重要性を増すだろう。オフィス出社とテレワークを併用するハイブリッドワークを取り入れれば、コロナ禍はもちろん地震や火災、台風などに社会インフラが影響を受けても企業は柔軟に事業を継続できる。

 近年は、デジタルツールの浸透によってテレワークやハイブリッドワークを導入しやすくなっている。導入コストや運用管理に関するプロセスのコスト、セキュリティなどの課題を解決して自社のビジネスに適したテレワークを導入できれば、生産性の維持や向上、事業継続性の確保、従業員エンゲージメントの向上などが実現する。自社のメリットを最大化するテレワークを実現するために、企業は何をすべきか。


提供:株式会社ハンモック
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.