2021年11月10日 10時00分 公開
PR

製造現場が求める“高い冗長性”のネットワークをシンプル低コストにスマートファクトリーに効く“1枚の布”

スマートファクトリー化に伴い複雑になる製造現場のネットワークをいかに強固に構築するか。製造業に欠かせない“24時間止まらず安全な”冗長性の高いネットワークをシンプルかつ低コストで実現するための新たな仕組みを紹介しよう。

[ITmedia]

 “スマートファクトリー”というキーワードが浸透している。これは近未来像ではなく、全ての製造業が今すぐ取り入れるべき存在だ。しかしその前には、幾つかの課題もある。その中でも特に重要なのが、スマートファクトリーの基礎となる強固なネットワークだ。

 製造現場におけるネットワークは、単に線をつなげばいいというわけではない。ラインを絶対止めないための冗長化や、障害対策、そしてサイバーセキュリティ対策などが必要だ。さまざまなテクニックを施して、初めて製造業で使い物になる基盤が得られる。最近では製造業でも無線LANの活用が当たり前となっており、さらに複雑度が高まっていると感じている担当者も多いだろう。

 「止まらないネットワークを簡単に手に入れるのは難しい」――それは果たして事実なのだろうか? 実はそこに救世主となるソリューションが登場している。制約の多いこれまでの「線でつなぐ」ネットワークではなく、機器同士のつながりを1枚の布、“ファブリック”という「面でつなぐ」考え方だ。

 製造業に欠かせない“24時間止まらず安全な”冗長性の高いネットワークをシンプルかつ低コストで実現する新たなソリューションと、新たな無線LANの仕組みを紹介しよう。

※本稿は、TechFactoryからの転載記事です。


提供:丸紅情報システムズ株式会社、エクストリーム ネットワークス株式会社、Extreme Networks, Inc.
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.