2021年11月18日 10時00分 公開
PR

無線LANを「クラウドWi-Fi」に置き換えるべき4つの理由コロナ禍で変わったネットワークインフラ要件

オフィスワークとテレワークの併用など、コミュニケーションやコラボレーション環境の整備に一層の柔軟性が求められている。だが物理機器中心の社内LANがその障害となる例が多い。予算や人に制約がある中、どう解決すればよいのか。

[ITmedia]

 企業は自社ビジネスの変革を迫られている。従来と同じ事業を継続するだけではニーズの変化に追従できない。既存事業を守りながら新たなビジネス価値の追求が必要だ。

 特にオフィスコミュケーションやコラボレーションの活性化は、イノベーションの源泉ともなるだけに最優先課題の一つと言える。だが、それらを支え続けてきた従来の社内LANには大きな課題がある。社内LANそのものに状況に応じて柔軟かつ継続的に変えられる変化対応力を加えなければならない。

 IT部門の人員やスキル、予算が限られる中で一体どうすればいいのか。現実解を探る。


提供:株式会社日立システムズ、日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.