2021年11月18日 10時00分 公開
PR

SOCの有識者が指摘する「今増えているサイバー攻撃」とその「対抗策」有識者が語るセキュリティの勘所

企業のシステムを守るため、SOCはログやアラートなどさまざまな情報を分析している。あるSOCの有識者は「十分なセキュリティを備えているはずの企業が、サイバー攻撃の被害に遭うケースが増えている」と指摘する。それはなぜか。

[TechTargetジャパン]

 SOC(セキュリティ監視センター)は企業のシステムやネットワーク、デバイスなどを24時間365日体制で監視するセキュリティの専門組織だ。アナリストやエンジニアなどセキュリティの専門家が所属しており、ログ、アラートなどさまざまな情報を分析して得た知見を基に問題点を指摘したり対応策を提案したりして脅威から企業のシステムを守っている。

 そうした分析作業の中で、SOCで働くセキュリティの有識者はある変化を感じているという。

 「十分なセキュリティを備えているはずの企業が、サイバー攻撃の被害に遭うケースが増えている」

 なぜそういったことが起きているのか。2021年10月にアイティメディアが主催したオンラインセミナー「今組織に必要な『正しいセキュリティ世界』の作り方」のセッションからその理由を探る。


提供:株式会社ラック、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.