2021年11月26日 10時00分 公開
PR

大企業のIT基盤のクラウドリフト きれいごとではない本当の話サービスを止めないVMware製品基盤クラウド移行のコツ

大規模なVMware製品基盤をクラウドに移行する方法は複数考えられるが、サービス品質を維持して移行計画を進めるには幾つかの技術的な「コツ」がある。実務での移行プロジェクトを念頭に主要な移行シナリオを検討した企業に詳細を聞いた。

[ITmedia]

 オンプレミスで稼働する業務システムのクラウド移行は、サーバイメージを移動させれば済むような簡単な話ではない。ミッションクリティカルな業務システムを大量に移行するとなれば、システムごとのサービス停止時期をユーザー部門と調整するだけでも長い時間がかかる。

 単純なクラウドリフトではなく、運用やセキュリティポリシーに合わせたシステムの統廃合を含む移行にはアプリケーションの動作品質の検証にも十分な配慮が必要だ。数百のシステムを移行するには数年単位の時間がかかるケースがあり、「実現不可能」としてクラウド移行を諦めることもある。

 「VMware」製品で構築した大規模なシステムを、サービス停止やパフォーマンスの低下などの課題を最小限にとどめ、現実的なスケジュールでクラウドに移行することに技術的なめどを立てた企業がある。どのようにしてクラウド移行の課題をクリアしたのだろうか。技術検証を担当した人物にVMware製品から成る基盤のクラウドリフトの技術動向と同社が検証から導き出した現実解を聞いた。


提供:アルファテック・ソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.