2021年12月01日 10時00分 公開
PR

SASE導入を考える企業に最適な「ネットワーク改善の最初の一歩」とは何か切り替えは“段階的”に

テレワークが広がり、SASEなど新しいセキュリティの考え方が注目されている。だが、「業務システムがクラウドにあることを前提とした製品やサービスがあるため注意が必要だ」と有識者は指摘する。

[TechTargetジャパン]

 コロナ禍をきっかけに急いでテレワーク環境を整えたという企業は多いだろう。ほとんどの従業員がテレワークに移行し、「社外で仕事をすることが当たり前」になった企業もある。そうした企業で課題になっているのは「リモートから安全に業務システムを利用する方法」だ。

 コロナ禍以前からVPNなどを使った安全なリモートアクセスの手段はあったが、限られた利用者を想定していた場合、全従業員規模で利用するとさまざまな問題が生じる。多くの従業員が一斉にアクセスしてネットワーク帯域を圧迫し、「VPNに接続できない」「VPNにつながったが、通信が遅くて業務にならない」といった問い合わせを受けたIT担当者もいるだろう。

 VPNの代わりに「SASE」(Secure Access Service Edge)など新しい考え方を採用したセキュリティの製品やサービスを利用する方法はあるが、有識者は「そうした製品やサービスの中には『業務システムがクラウドにあること』を前提にしているものもあり、注意が必要だ」と指摘する。

 セキュリティは強化したいが、全ての業務システムをクラウドに移行する時間も予算もない。そうした企業はどうすればいいのか。


提供:丸紅情報システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.