2021年12月01日 10時00分 公開
PR

「セキュアWebゲートウェイ」で実現 安全・快適な国内外拠点のネットワークセキュリティとネットワークの構造改革

テレワークやクラウドサービスの普及によって、必要なセキュリティやネットワークの形態は変わりつつある。海外拠点を持つ企業がセキュリティ強化を目指す場合、セキュアWebゲートウェイが有効な理由とは。脅威レポートを基に解説する。

[TechTarget]

 世界中で発生したセキュリティインシデントを基に、サイバー攻撃や攻撃者の動向、狙い目となるポイントなどをまとめたレポートが、Verizonの「データ漏洩/侵害調査報告書」、通称「DBIR」だ。なかなか表に出てこないセキュリティ侵害の実情を知り、自社のセキュリティ対策を検討する上で重要な資料となる。

 企業はしばしば「セキュリティは投資対効果(ROI)が見えにくい」という悩みに直面する。2021年度版DBIRは実際のデータ漏えいに関する被害額を集計しており、損失額の目安やセキュリティ対策のROIを見積もる際に役立つ。「セキュリティ担当者がどれだけの仕事をしたのか」を経営層に示す材料にもなる。

 あるセキュリティ専門家は、2021年度版DBIRを踏まえ「海外拠点を持つ企業がセキュリティ強化を考える場合、セキュアWebゲートウェイの導入を優先するのが望ましい」と説く。その理由は。DBIRの分析結果を基に解説する。


提供:ベライゾンジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.