2021年12月20日 10時00分 公開
PR

安全性と利便性 「どちらか一方」ではなく「両方取る」方法とは「監視」ではなく「適切に制御」

ニューノーマル時代において「社外でも社内と同じように仕事ができること」は重要だ。だが、その環境を構築し、運用することは簡単ではない。IT管理者はどこから手を付ければいいのか。

[TechTargetジャパン]

 コロナ禍によって働き方は大きく変化した。社外で仕事をすることは当たり前になり、SaaS(Software as a Service)といったクラウドサービスの業務利用も進んでいる。「デバイスがあればどこにいても働ける」という考え方は、ニューノーマル時代に欠かせない要素となっている。

 だが、IT管理者の悩みは多い。

 社外でも社内と同じように仕事ができるように「社内リソースに安全にアクセスする仕組み」を構築しなければならない。業務上必要のないWebサイトやクラウドサービスへのアクセスを制限する必要もある。デバイス管理も重要だ。リソースに安全にアクセスできる仕組みがあっても、デバイスが脅威にさらされていては意味がないからだ。

 安全性と生産性を確保しつつ、「どこでも働ける環境」を実現するためにIT管理者は何をすればいいのか。


提供:SB C&S株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.