2021年12月20日 10時00分 公開
PR

「生産性とセキュリティをてんびんにかけてはいけない」――セキュリティの勘所複雑化するITシステム、高まるセキュリティリスク

多様な働き方の実現に向けた取り組みが進む一方、ITシステムの複雑化に伴うセキュリティ強化が課題になっている。ITとセキュリティをシンプルにする必要があるが、どのようにすればいいのか。

[Techtargetジャパン]

 「オフィスにいなくても業務できる環境を構築する」。新型コロナウイルス感染症で外出制限を余儀なくされた企業の多くが、この取り組みを進めた。さまざまなクラウドサービスも活用し、「従業員同士が物理的に離れていても、わが社の事業は継続できる」と感じた経営者もいるだろう。

 だがこの「新しい環境」を構築したことで新たな課題も生まれている。

 あるレポートによると、CISO(最高情報セキュリティ責任者)の約6割が「自社のITシステムは複雑化しており、運用管理を含めて破綻している。しかし、それを認識していても対応できない状況にある」と回答している。攻撃者からすれば運用が破綻したITシステムは「絶好の標的」だと言える。

 多様な働き方が広がる一方、ITシステムは複雑化し、それに伴ってセキュリティリスクは増大している。こうした課題に企業はどう対処すべきか。


提供:SB C&S株式会社、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.