2021年12月22日 10時00分 公開
PR

テレワークの業務効率を高める「DaaS」の切り札「VDI」と「DaaS」の利点をどちらも得るには

新しい働き方の実現に向けて、企業は重要な分岐点にいる。コロナ禍を機に急いでテレワークを導入した企業もこれから本格的に働き方を見直す企業も、どうすれば理想の働き方に適したテクノロジーを用意することができるのか。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、人々の「働き方」に対する意識を変えつつある。オフィスに従業員が集まって働くスタイルから、感染症防止のために従業員が自宅で働く体制への移行が進んだ。その一方で、一時的な施策として始めたテレワーク体制が長期化したことで、課題や弊害が生じた企業もある。

 業務効率やセキュリティ対策などの面でデメリットやリスクが目立つようになったことがきっかけとなり、COVID-19のパンデミック(世界的大流行)の終息以降は従業員をオフィスに戻す方針を打ち出す企業もある。企業は現在、新たな働き方の実現に向けた重要な分岐点にあると言えよう。

 どのような働き方でもセキュリティを維持できるようにする方法の一つが、仮想デスクトップだ。テレワークの普及とともに仮想デスクトップの選択肢も豊富になっており、自社にとって、より最適な選択ができるようになってきた。セキュリティ対策と業務効率を両立させながらテレワークを続けるには、どのような選択をすればいいのか。


提供:富士通株式会社、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.