2021年12月27日 10時00分 公開
PR

小売業が生き残るには“伝統的な”今のPOSシステムをどう変えるべきか真のユニファイドコマースが進まない理由

消費行動のオンラインシフトが進み、リアル店舗苦境の時代にある。ECとリアル店舗を統合して顧客エンゲージメントを向上させるためには、今後、店舗にどのような投資が必要なのか。時代の変化に即応できるプラットフォームの構築方法とは。

[ITmedia]

 これまでの小売業界において、売り上げを拡大させて成長するための基本戦略の一つに新規出店があった。しかし、コロナ禍によって購買活動がオンラインに移行した現在では、それが必ずしも功を奏すとは限らない。

 これからは、ネットと店舗を融合させた購買体験の提供による顧客エンゲージメントの向上が肝となる。それを阻害するのが従来型のPOSシステムだ。ハードウェアとソフトウェア一体型のPOSシステムでは、顧客のニーズや時代の変化に対応するのは難しい。

 ポストコロナ時代に顧客が求める購買体験に応えるためには、今の“伝統的”なPOSシステムを抜本的に変える必要がある。その方法論とは?


提供:日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.