2022年01月12日 10時00分 公開
PR

専門家が解説:ハイブリッドワークで生じたオフィスネットワークの課題と解決法無線LANとセキュリティ課題を考える

ネットワークを通じた「リアルタイムコミュニケーション」が求められる今、オフィスに安定した品質の無線LAN環境を提供するとともに、従業員が安全にアクセスするための対策を講じる必要がある。これらの課題をまとめて解決する方法とは。

[ITmedia]

 コロナ禍を契機にテレワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワークが進み、オフィスの規模を縮小したりフリーアドレスを採用したりと、オフィス改革を進める企業もあるだろう。Web会議に備えた環境が必要になるなど、オフィスの役割も変化した。

 これに合わせてネットワーク環境もアップデートしなければ、さまざまな課題が浮上する。近年は有線よりも無線LANを採用する傾向にあるが、出社した従業員から「社内ネットワークが不安定で仕事が進まない」といったクレームが寄せられ、終わりのないトラブルシュートに情報システム部門が疲弊するという話を各所で耳にするようになった。

 無線LANのアップデートに伴ってセキュリティ対策も強化しなければならない。悪意のある第三者に通信データを盗聴されて不正アクセスを受けるなどの被害を防ぐために、対策の重要性が叫ばれている。

 情報システム部門が配慮すべきネットワーク回りの課題が山積している。これらをまとめて解決できる方法はないのか。専門家に話を聞いた。


提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.