2021年12月28日 10時00分 公開
PR

脱Cookie依存のコンテンツ&データ戦略 マーケターの仕事はこう変わる「オウンドプラットフォーム」が鍵

サードパーティーCookieの廃止によって、顧客の心をつかむコンテンツとそれを適切に届けるためのデータ戦略の重要性がますます高まっている。これからのデジタルマーケティングが目指すべきゴールとは。

[ITmedia]

 Googleは2023年中にWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieの廃止を明言している。これによりデジタルマーケティングの現場では、顧客理解に必須とされてきた重要なシグナルを失うこととなり、人々のオンライン行動にまつわるさまざまなデータを収集・活用できなくなる。具体的には「リターゲティング広告」や「レコメンド」「マーケティングオートメーション」などに大きな制約がかけられることになる。

 “未来のお客さま"とのマッチングに制限がかかることでマーケティングROI(投資対効果)の悪化を懸念する向きもあるだろう。そうした事情を背景に、サードパーティーCookieの代替となるトラッキング技術が注目を集めている。

 だが本質は、そこにはないはずだ。そもそも自社が顧客にとってトラッキングを許可したくない相手である限り、いかなる「Cookieレス」対策も意味はない。結局のところ重要なのは適切な相手に、適切な情報を、適切なチャネルを通じて、適切なタイミングで届けることでしかない。これからの時代に求められるコンテンツ&データ戦略について次のページで解説する。


提供:サイトコア株式会社、株式会社電通デジタル
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.