2022年01月07日 10時00分 公開
PR

VPNは本当に最適解? クラウド時代に適したリモートアクセスの手法とはパロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー

VPNは長年、リモートアクセスに不可欠なインフラだったが、クラウドの浸透で、そのパフォーマンスやセキュリティ面での課題が顕在化しつつある。企業は、クラウド時代に最適化された新たなアーキテクチャを採用する時期を迎えている。

[ITmedia]

 VPNは長年、リモートアクセスに不可欠なインフラと捉えられてきた。社内データセンターへの外部からのアクセスを一手に担い、ゲートウェイでトラフィックを常時監視するVPNは、ユーザーの位置によってはパフォーマンス低下などの問題が発生するものの、データセンター内のアプリケーション利用においては、今なお最適なインフラといえる。

 しかし、クラウドの浸透はVPNを取り巻く状況を一変させた。ユーザーは社内データセンターだけでなく、クラウドでホスティングされているアプリケーションへもアクセスするようになり、社内ゲートウェイを必ず経由するVPNは非効率となる。また、クラウドアクセス時にユーザーがVPNを切断するなど、セキュリティポリシー運用上の問題も招いてしまう。

 本資料では、現状のVPNが抱える問題点を指摘しながら、それに代わる新たなインフラとして、クラウドベースのリモートアクセスソリューションを提案している。クラウドゲートウェイを通じて、社内データセンターとクラウドへのセキュアなアクセスを可能にする方法は、モバイルワーカーにとって最適解となるだろう。

個人情報取り扱いに関するご案内に同意されない場合、該当のコンテンツはこちらからご覧いただけます。

※コンテンツの閲覧には会員登録・ログインが必要です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.