2022年01月07日 10時00分 公開
PR

リモートアクセスでも安心感、導入企業に見るSASEベースのセキュリティ効果パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー

クラウドやリモートワークの普及によって、しわ寄せを受けているのがネットワークだ。パフォーマンスや安全性を確保するには、SASEをベースとした新たなセキュリティ戦略が必要となる。導入企業への調査から、その効果を明らかにする。

[ITmedia]

 多くのアプリケーションやサービスがクラウドで提供されるようになり、リモートワークが当たり前の光景になった現在、組織の次なる課題は、これらを安定的に相互接続し、安全性を確保することにシフトしつつある。しかし、VPNやポイントソリューションを中心とした従来のネットワーク設計のままでは、安定と安全の両立は難しい。

 そこで求められているのが、インフラにかかわらず一貫性を実現できるネットワークセキュリティサービスだ。Secure Access Service Edge(SASE)をベースに、リモートユーザーが多様なクラウドアプリケーションを利用し、遠隔拠点にもセキュアにアクセスできるような環境を実現したい。

 本資料では、SASEをベースとした定番セキュリティソリューションの導入企業への調査を通じ、セキュアなリモートアクセスを実現するポイントを明らかにしている。セキュアなゲートウェイやセキュリティログの統合などによりデータ漏えいリスクはどれだけ減少したのか、運用管理コストはどう軽減されたのかを確認できる、興味深い内容となっている。

個人情報取り扱いに関するご案内に同意されない場合、該当のコンテンツはこちらからご覧いただけます。

※コンテンツの閲覧には会員登録・ログインが必要です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.