2022年01月07日 10時00分 公開
PR

詳細レポートで判明:クラウドネイティブセキュリティの実態と効果的な対策パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー

クラウドの重要性が増す中で、企業は課題となるクラウドネイティブセキュリティをいかに確立すべきか。世界5カ国3000人のプロフェッショナル人材から回答を得たレポートを基に、各企業の実態と最適解を探る。

[ITmedia]

 人々の活動を支える原動力として、クラウドの活用がより重要性を増すようになっている。しかし、クラウドに関する技術を採用するなら、そこで実行されるデータの保護にも責任を持たなければならない。そうした企業は、クラウドネイティブセキュリティについてどのように考え、どこまで実装しているのだろうか?

 本コンテンツは、世界5カ国3000人のプロフェッショナル人材から回答を得た、クラウドとクラウドネイティブ、そしてそれらのセキュリティに関する調査レポートだ。これを見ると、クラウドがワークロードの主流になる一方で、多くの企業がセキュリティに関する課題を複数抱えていることがうかがえる。

 この状況において、セキュリティ準備レベルの高い企業ほど、DevOpsプロセスにセキュリティを適切に組み込むことで対応している。そしてツールの追加ではなく、単一の包括的なセキュリティソリューションが効果的であると認識しているようだ。その他、クラウド活用とセキュリティ対策に関する興味深い調査結果が多数掲載されているので、自社の対策レベルを振り返る上でもぜひ参考にしてほしい。

個人情報取り扱いに関するご案内に同意されない場合、該当のコンテンツはこちらからご覧いただけます。

※コンテンツの閲覧には会員登録・ログインが必要です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.