2022年01月07日 10時00分 公開
PR

ITインフラの基盤となるKubernetes、基礎から“エコシステムの世界”まで解説パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー

コンテナ管理プラットフォームの「Kubernetes」の採用が進んでいる。調査によると、企業規模が大きければ大きいほどKubernetesを大規模で導入しているという。既に出来上がりつつある、Kubernetesのエコシステムの世界を概観してみよう。

[ITmedia]

 コンテナ管理プラットフォームの「Kubernetes」の採用が進んでいる。2019年のある調査では、調査対象企業の78%がKubernetesを本番環境で使用。企業規模で見ると、大企業であるほど、より大規模にKubernetesを導入しているという。

 調査以降もKubernetesコミュニティーの発展は続いている。Kubernetesはデータセンター、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウドおよびマルチクラウド環境全体にわたる現代のインフラストラクチャの基盤であり、将来性に加え、まだ初期段階の“エコシステム”の要素がある。

 本資料では、Kubernetesに関し、コントロールプレーン、ワーカーノード、サービスディスカバリ、ストレージ、ネットワーキングなどのコンセプトを理解する上での基礎知識を提供する。また、Kubernetesにおけるクラウドネイティブテクノロジーの役割を説明したうえで、Kubernetesのエコシステムの世界について、OS、ストレージ、ネットワーキング、セキュリティ、オーケストレーションエンジン、ビルド/リリース管理などの観点から解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。

個人情報取り扱いに関するご案内に同意されない場合、該当のコンテンツはこちらからご覧いただけます。

※コンテンツの閲覧には会員登録・ログインが必要です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.