2022年01月25日 10時00分 公開
PR

仮想化基盤として最適なHCI、ユーザー企業がメリットを最大化するポイントは?HCIをビジネスの足かせにしないために

オンプレミスでもクラウドのような高い拡張性と柔軟性をもたらすHCIは、ITインフラの在り方を考える上で重要な選択肢の1つだ。ユーザー企業がそのメリットを最大に引き出すためのポイントを、2人の専門家に聞いた。

[TechTargetジャパン]

 ハイブリッドクラウドが一般化する中、オンプレミスのITインフラにおいても、クラウドと同じ使い勝手や機能、管理のしやすさが求められるようになった。これらがクラウドとオンプレミスで大きく異なると、ユーザー体験の低下や、運用管理の負担増につながりかねない。ビジネスとITの一体化が進む今日では、ビジネスの成長や収益にも関わる問題でもある。

 現在、オンプレミスのITインフラの在り方を考える上で重要な製品の一つがHCI(ハイパーコンバージドインフラ)だ。サーバとストレージを一体化し、シンプルな操作性と高い拡張性、柔軟性をもたらすHCIは、システム運用管理の負担を減らし、クラウドのようなユーザー体験を提供する。中でも、HCIのパイオニアである「Nutanix」は、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドへの拡張にも柔軟に対応できる。

 ユーザー企業が活用するには押さえるべきポイントが幾つかある。もしポイントを外したまま活用してしまうと、製品本来のメリットを引き出せないばかりか、ビジネスの足かせになってしまうこともある。今回はNutanixのメリットを引き出すポイントについて、提案、導入、運用のプロフェッショナルに話を聞いた。


提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、SB C&S株式会社、ニュータニックス・ジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.