2022年01月24日 10時00分 公開
PR

非対面でも「顧客の記憶に残る」営業を、オンライン時代に必要なアプローチとはDX時代の営業に欠かせない“新たな3C”

営業活動のオンラインシフトが進む一方、顧客との関係構築に悩む企業が増えている。対面営業を得意としてきた担当者が、これからの営業スタイルに適応するにはどうすればよいのか。必要なマインドチェンジと、具体的な方法を解説する。

[ITmedia]

 コロナ禍をきっかけに営業活動のオンラインシフトが急速に進み、場所的、時間的制約が小さくなり、顧客へのアプローチ方法は広がった。しかし、オンライン営業活動の弱点とされてきた「オフラインよりも温度感が伝わらず、顧客との距離をうまく縮められない」という課題は残り、これが対面コミュニケーションを得意としてきた営業担当者にとっての障壁として浮き彫りになってきた。

 オンライン営業時代において顧客との関係を作り、維持するためには何をすべきか。

 ビジネスのオンラインシフトを支える日本マイクロソフトのエバンジェリスト西脇資哲氏と、オンライン時代に適合した顧客エンゲージメントサービスを提供する富士通の松木 祐氏(デジタルソリューション事業本部 デジタルソリューション戦略室 シニアディレクター)が互いの見解を語り合った。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.