2022年02月03日 10時00分 公開
PR

「ノーコード/ローコード開発」ツール 失敗しない選択の基準は?価格だけで選んではいけないローコードツール

ビジネスニーズの変化に対応するには、アプリケーションの素早い開発、改修が鍵を握る。アプリケーション内製化の手段として浮上している「ノーコード/ローコード開発」ツールは、どのような機能を備えるべきだろうか。

[ITmedia]

 ビジネスニーズが急速に移り変わる中、企業はデジタルトランスフォーメーション(DX)で新しい価値の創造や競争力強化に取り組んでいる。全てのアプリケーションを長時間かけて完成させる手法では、ビジネス環境や現場のニーズそのものが変わってしまうことさえある。そこで、専門的なプログラミングの知識が不要で素早くアプリケーションを開発できる「ノーコード/ローコード開発」に注目が集まっている。

 DXは一過的なものではない。継続的なデジタルシフトにより生まれる成果として構築したアプリケーションと組織の変化は、新しいビジネスの柱となって企業を長く支えられるものでなければならない。時代や潮流が変われば、新たなビジネスの柱を作る必要も生じる。

 ノーコード/ローコード開発に関しても、当初はごく簡単な成果物で十分だったところから、最先端のサービスや技術との連携ができる、より高度なアプリケーションが必要になるケースもある。そうした変化に応えられるノーコード/ローコード開発ツールとは、具体的にどのような機能を備えるものなのか。


提供:Claris International Inc.
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.