2022年02月09日 10時00分 公開
PR

非対面でも新規顧客との接点を構築、ハイブリッド時代の営業DXを実現する秘訣生命保険会社もデジタルシフトに成功

対面での営業機会が減る中、オフラインとオンラインを交えたハイブリッドな営業スタイルが普及している。一方、一方、新規顧客との接点づくりや距離の縮め方、構築した関係の維持に悩むケースも多い。この課題を解消する方法とは?

[ITmedia]

 コロナ禍によって訪問や店舗などにおける対面での営業機会が大きく減り、多くの企業が新規顧客の開拓や既存顧客の維持に苦難を強いられている。「経験豊富な営業員がいても、客と会えなければなすすべもない」「どうすれば新規顧客とつながれるのかが分からない」といった悩みは業種を問わない。

 新規顧客と出会うために、オンラインイベントに力を入れる企業も増えた。しかしイベントは準備や開催後のフォローに手間が掛かるため頻繁な開催が難しい、イベントで出会えた新規顧客と距離を縮める方法が分からないといった課題がある。

 これらの課題は、オンラインで顧客との接点を作り育てるデジタルツールの活用で解決が図れるという。その活用のポイントを営業DX(デジタルトランスフォーメーション)に精通した担当者に聞いた。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.