2022年02月14日 10時00分 公開
PR

増えるデバイス、多彩なOS……全デバイスを一括で守る「クラウドMDM」の導入法従業員のITスキルに依存しないセキュリティ

場所も時間も問わずに働く環境を整えるに当たってモバイルデバイスの活用は必須だ。デバイス管理に必要な機能も高度化、複雑化している。情報システム部門の負荷を増やさない「高度なMDM」の実現方法とは。

[ITmedia]

 オフィスのみでデータをやりとりしていた時代が終わり、場所や時間を問わずに業務を遂行できる環境が重視されるようになった。これによって大きく変化したのが、従業員が扱うPCやタブレット、スマートフォンなどのモバイルデバイス管理(MDM)だ。

 いつでもどこでも業務に取り組める状況においては、安全性と生産性が重視される。従業員は顧客の個人情報や支払い情報などの財務データ、進行中の開発に関わるデータといった重要な情報を安全に守りつつ迅速にやりとりできること、管理担当者は運用の負担なくデバイスの管理や紛失対応といった業務を進められる仕組みが必要だ。現場の従業員と情報システム部門、双方の視点から、MDM開発に携わる専門家に聞いた。


提供:株式会社ハンモック
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.