2022年02月18日 10時00分 公開
PR

テレワークで困らない、絶対に失敗しないための新たなノートPC選定基準を探る価格やスペック以外で重要なポイントとは

テレワーク環境の整備が叫ばれる昨今、PCを調達する際「テレワークにも対応できるノートPC」という基準で選ぶことも増えている。テレワークに適したPCを選ぶ際には価格やスペック以外に、どのような点を考慮すべきなのだろうか。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行により、多くの企業が急きょテレワーク環境の構築、整備に着手した。だが、IT担当者のリソースが十分ではない中堅、中小規模の企業では、環境の整備や安全な運用に手間がかかり、苦労しているとの話も聞こえてくる。

 例えば、多くの企業では緊急避難的にテレワークに対応したため、急いで確保したノートPCを取りあえず社員に配布したが、そのノートPCの機能や能力などが十分でなく、業務に支障が出たというケースもある。また、社外や外出先でPCを使うことに慣れていない社員が、ノートPCを紛失したり、思わぬハードウェア故障が発生して対応に困ったりしたというトラブルも増えている。

 社内であれば、従業員のPCに何かトラブルが発生しても、IT担当者が直接実機を目の前にして対処することもできる。だが、テレワーク環境が普及した現在は、リモートでPCのさまざまなトラブルに対処することは難しい。電話やチャットだけではテレワークのPCの詳細な状況を把握することも容易ではなく、ノウハウのないIT担当者がリモートから保守作業するのも苦労を強いられる。

 実は、こうしたテレワークの普及で生まれた新たなIT部門の課題は、PCをテレワークに最適化することで解決できるという。ニューノーマルな時代のPC選びは、どのようにするのが正解となるのだろうか。


提供:パナソニック株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.