2022年03月01日 10時00分 公開
PR

加速する工場リモート化や多拠点管理、課題はネットワークとセキュリティの問題工場ネットワーク

コロナ禍で工場のリモート化や多拠点管理のニーズが顕在化している。その実現には外部とセキュアにつながる環境づくりが必須だ。日本ヒューレット・パッカードの安藤博昭氏と天野重敏氏、MONOist編集長の三島一孝が鼎談(ていだん)した。

[ITmedia]

 2020年から本格化したコロナ禍は、社会全体にワークスタイルの変革をもたらした。製造業においても工場のリモート化や多拠点の一括管理など、デジタル技術を活用したより効率的な運用への意識が高まっている。ただ、従来は外部とのネットワーク接続が前提とされていない工場ネットワークへのリモート接続を実現するにはさまざまな障壁が存在する。

 工場でリモート化を実現するための課題や必要となる考え方について、工場内ネットワークでさまざまな実績を持つ日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部(以下、HPE Aruba)の安藤博昭氏(ビジネス開発営業本部 本部長)と天野重敏氏(ビジネス開発営業本部 第二技術部 部長)、MONOist編集長の三島一孝が鼎談(ていだん)した。

※本稿は、MONOistからの転載記事です。


提供:日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.