2022年03月02日 10時00分 公開
PR

Windows 11やTeams、ハイブリッド時代のワークツールはどう使うのが効果的?新型Surfaceで第三者企業が検証

ハイブリッドワークの普及とともに、そのためのツールが多数提供されるようになった。中でもMicrosoftのツールは採用事例が多いが、十分な安全性を確保して性能を発揮できるのか疑問を抱く担当者も少なくない。そこで検証を行った。

[ITmedia]

 オフィス勤務とテレワークを組み合わせた働き方「ハイブリッドワーク」を実現する上で、生産性の向上やPC管理、セキュリティの確保といった課題に頭を悩ませるデジタルトランスフォーメーション(DX)推進担当者や情報システム部門は多い。

 これに向けてベンダー各社も製品やサービスの提供を進めている。その先頭を走る企業であるMicrosoftは「Microsoft Teams」(以下、Teams)を筆頭に、2021年11月に提供を開始したOS「Windows 11」や、クラウド経由でOSを利用できるCloud PC「Windows 365」などハイブリッドワーク向けに複数の製品やサービスを用意する。しかしそれらのサービスが十分な安全性を確保してパフォーマンスを発揮するのかどうか疑問に思う担当者もいるはずだ。

 この悩みを解消するため、幅広い職種やロールなどのユースケースを想定し、Windows 11に関連した3つの技術およびパフォーマンス検証を第三者の立場で実施した企業がある。本稿では検証結果を基に、Windows 11を搭載した新型「Microsoft Surface」(以下、Surface)をはじめとするMicrosoft製品を、テレワークやハイブリッドワークで有効活用する秘訣(ひけつ)を紹介する。


提供:日本ビジネスシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.