2022年03月04日 10時00分 公開
PR

トラブル対応にうんざりする開発者 経験と勘頼みのDB運用を根本的に変えるにはデータベースのよくあるトラブルの処方箋

データベースにトラブルが発生した際、パフォーマンスの調査からチューニングまであらゆる対応を必要とすることがある。データベースの稼働状況を常に監視することで、トラブル時の対応時間を圧倒的に短縮させる方法を徹底解説する。

[ITmedia]

 ビジネス環境の進化に伴い、それを支えるインフラもより高度で複雑になった。開発者は処理の必要性と要件に応じてさまざまなデータベースを使い分けているが、それらを管理する手間が悩みのタネになる。

 複雑な処理を要求されるシステムは、しばしばリードタイムが長くなりデータベースのパフォーマンスやアクセスに遅延が生じる。DBエンジニアはその都度さまざまな観点からデータベースの統計情報を収集し、アプリケーションやインフラのパフォーマンスをそれぞれの担当者に確認しながら根本原因を特定しなければならない。複数のデータベースを使い分けていれば、原因究明に数時間かかる場合もある。

 開発部門はビジネスを停滞させないようにシステムを安定稼働させる使命を担っている。そして開発からトラブルシューティングまでを管理するには、持続可能で効率的なワークフローが必要だ。本稿は、「SolarWinds Database Performance Analyzer」を使ってデータベースによくある問題を一手に解決する方法を紹介する。


提供:ソーラーウインズ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.